平成25年度 作文コンクール
 
もどる
























































群馬県議会議長賞・全国納税貯蓄組合連合会長賞

 ありがとう、税金

 群馬大学教育学部附属中学校2年 島普@ねね香



 「ありがとう、税金。」
 私はいつもそう思いながら生活している。しかし、始めからそう思っていた訳ではない。そう思い始めたのは、三年前のある出来事がきっかけなのである。
 三年前の冬、私の二歳下の妹が急性心筋炎という心臓の病気にかかった。始めはただの嘔吐下痢症だと思っていた。しかし症状は悪化し、熱も下がらず体は弱っていく一方だった。心配した父と母は妹を大きな病院に連れていき、すぐ入院することになった。入院してもさらに病状は悪化して東京の病院へドクターヘリで行った。東京の病院では何度も何度も手術を受け、二週間ほどで群馬の病院に帰ってこれた。群馬の病院で私は一ヵ月ぶりに妹と面会することができた。妹の病室で妹を見たとき、私は声が出なかった。妹の体は大きな機械につながっている管だらけで、腎臓も悪くなってしまったため体全体がむくんでいた。妹の近くに手を近づけると、か細くなった手で一生懸命私の手を握ってくれた。私の目には涙が溢れていた。早く退院してほしい。私はそう心から思い、妹の手を強く握り返した。
 それから半年ほどするとすっかり元気になり退院し、今は三ヵ月に一度の通院と、二、三種類の薬を飲んでいる。
 ここで私は疑問に思った。病気の治療費や入院費、今の通院にかかっているお金はいくらくらいなのか。多分、相当な金額だろう。私は父と母が私と妹に隠れて大変な思いをしているのではないかと心配になり、父に聞いてみた。すると父は「そうだね。妹の命を助けるためには何千万ものお金がかかったんだ。でもそれらは社会保障でまかなわれたんだよ。」と教えてくれた。私は税金がこんなことで使われていることに驚いた。と同時に感謝の気持ちが込み上げてきた。税金のおかげで私の妹の命は助かったといっても過言ではない。
 社会保障は、医療、年金、介護、福祉などに使われている。つまり私達が安心して生活できるのも社会保障のおかげなのである。もし社会保障がなかったら、私の家は莫大な医療費を払わなければいけなかったのだ。
 社会保障の財源は、私達が納めている税金である。中学生の私は、物を買うときの消費税などでしか税を納めることができないが、それだけでも社会を支える一人となることができるのだ。
 ありがとう、税金。あなたがいなかったら妹は今いないだろうし、私も普通の生活はできていないだろう。今はまだ納税する機会は少ないが、大人になって納税する時にも税金への感謝の気持ちを忘れずに、社会へ貢献できる人になりたいと思う。